スチコン初心者の方向け ホテルパンの選び方

 

スチコンをお使いの方。これから購入する方は、

どんな風にスチコンを使うのか前もって調理工程のイメージを

考えてみるとよいと思います。

 

スチコンは、ホテルパンという器をつかって調理している人が多いです。

もちろん、通常のオーブンのように、鍋やフライパンをいれても調理できます。

まだイメージができない場合は、最低限の備品をそろえてみて

実際に、スチコンを使いこなしながら、備品を増やしていかれるとよいと思います。

 

まず確認するスチコンの大きさ

スチコンの大きさは、4種類あります。

1/1サイズ、そして1/1のダブルサイズ(横型で2枚ホテルパンが並びます)

2/3サイズ  1/2サイズ

その大きさに合わせて選びます。

 

1/2サイズのホテルパンは、1/1サイズのスチコンに2枚入るので

少量を何種類も調理する場合は便利です。

 

ホテルパンの種類

まずは、動画をごらんください。



 

ホテルパンの種類

 

・65mmのホテルパン 深さが6cm5mm

6段のスチコンであれば、6枚入ります。

10段であれば、10枚入ります。

これ以上の深さのホテルパンもありますが

普通に作業する現場では、65mmを使っている現場が多いです。

 

煮物やパスタ、ご飯を炊く、中華料理、焼きそばの炒め物など

 

・穴あきホテルパン65mm

スチーム料理に使います。

いままでの茹でる・蒸すという調理をスチームに置き換えます。

野菜のスチーム、プリン・茶碗蒸し・テリーヌ・真空調理など

 

 

・焼き物用ホテルパン アルミノンスティックシートパン

・焼き物用ホテルパン 波型アルミシートパン

 

  

 

熱伝導がよい黒いホテルパンです。

焼き物に使うと色がきれいにつきやすいです。

左は、フラットのもの。

右は、波型になっていて、油分の多い焼き物に使うと油が下に落ちます。

揚げない揚げ物・脂の多い焼き魚などにおすすめです。



・25mmシートパン

 

 

65mmのホテルパンの上に重ねて「ふた」にできます。

かならず購入しましょう。

スチコンは、専用の蓋がありますが、蓋でしか使えないので

25mmのシートパンなら、調理にも使えて、ふたにもなります。

 

焼き物を焼くときに、クックパーのようなオーブンシートを使う場合は、

値段も安いので、25mmのシートパンを購入するとよいですね。

 

この4種類を食数に応じて用意するとよいでしょう。

 

スチコンでの提供に使えるグリッド棚網

 

スチコンは、鍋やフライパンを入れることもできます。

このときに棚網が必要ですね。

グリッドと言います。

 

・グリッド 棚網

スチコン調理に慣れてきたら、ぜひ提供でスチコンを活用してみてください。

次の動画でグリッドについて説明しています。



 

 

ここでは、まず用意するホテルパンについて解説しました。

新調理なび。オンラインショップでは、3枚セットにしております。

同じメーカーのホテルパンをそろえるようにしてください。

重ねるときに、違うメーカーのものは重ならなくて

スペースが必要になってしまいます。

 

👉ホテルパンのご購入はこちらです

 

おすすめのホテルパンはヴォラース

 

プロ用の調理道具の販売では長い歴史がある東英商事さんが輸入しています。

アメリカ製のホテルパンです。

スチコンを長い間つかっているシェフの間では

「ヴォラースVOLLRATHのホテルパンしか使わない。」

という人がいるほどのトップブランドです。

 

 

これは、ヴォラースのホテルパンの刻印です。

最高級メーカーの証です。

 

ステンレスの材質がちがいます。

品質の高い料理にこだわる人は、いい道具を選びます。

 

いまは、通販で粗悪品も出回っているので

安かろう悪かろうで損をしないように気をつけてください。

 

新調理なび。ではご購入サポートしております

 

スチコンを購入して、どんなホテルパンを何枚用意したらいいのかわからない場合。

スチコン塾がサポートしております。

お気楽にお問い合わせください。

 

👉ホテルパンショッピングはこちらです

 

学ぶ:オンライン講座をご活用ください

 

スチコン塾 オンライン講座でスチコン調理・真空調理

クックチル・クックフリーズ・ニュークックサーブ冷却調理について学習できます。

スタッフ教育にご活用ください。

 

 

おわり。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です